決算開示支援決算開示支援
  • TOP
  • 決算開示支援

決算開示支援

上場会社では、決算日後45日以内に決算情報を開示する必要がありますが、 昨今、社内の人材不足並びにノウハウ不足により適時開示へのハードルが高まっております。
「BRIDGE」では、そんな悩みを解決します。

決算開示業務をアウトソーシングする2つの理由

①社内の人材不足

経営環境が大きく変化している昨今において、上場会社が健全な企業経営を実施してくためには、市場に向けて適時に正確な財務情報等を開示する必要がありますが、対応出来る人材が不足しているのが現状です。 今後は、適時開示を効率的に業務遂行できるプロフェッショナル集団にアウトソーシングすることが必要となります。

②社内のノウハウ不足

昨今、多発する不正や粉飾会計により決算開示ルールがより厳格化され、専門的なスキルがより一層求められるようになってきております。 このような専門的なスキルを社内人材のみで適時かつ適切にキャッチアップするのは難しいため、プロフェッショナル集団にアウトソーシングすることが主流となりつつあります。

ブリッジコンサルティンググループが選ばれる3つの理由

  1. 即戦力人材の提供

    「BRIDGE」 を運営するブリッジコンサルティンググループ株式会社は、設立時から一貫して決算開示支援を実施してきており、経験豊富な公認会計士が多数在籍しております。

  2. 業界最高峰の実績

    決算開示支援会社として業界最高峰の実績を誇っています。また、経験豊富なコンサルタントがクライアント様とチーム一丸となりスピーディに開示作業を進めていきます。

  3. 確実なコスト削減効果

    これまでに積み重ねてきたノウハウをチェックリスト化することにより、決算開示の有効性の向上と業務の効率性の両立を追求しています。 さらに、業務オペレーションの効率化も徹底的に実施することにより、コストパフォーマンスを最大限高める企業努力をしています。

決算開示業務をアウトソーシングする場合の2つのスキーム

経理部長型

財務責任者(CFO)直轄で
業務をアウトソーシングするスキーム

財務責任者(CFO)の指示のもと、主に決算開示の取り纏め業務や経理課長・経理スタッフの成果物チェックを実施します。

経理課長型

経理部長直轄で
業務をアウトソーシングするスキーム

経理部長の指示のもと、主に決算開示資料及び元資料の作成業務を実施します。

ご利用料金(自社採用の場合との比較)

経理部長型

自社採用の場合

「BRIDGE」の場合

経理課長型

自社採用の場合

「BRIDGE」の場合

お問い合わせ

CONTACT

代表(全国共通・フリーダイヤル)

0120-979-1250120-979-125

受付時間 10:00 ~ 18:00
(メール・資料請求は24時間受付中)