開示書類作成支援開示書類作成支援

開示書類作成支援

サービス概要

金融商品取引法・会社法で求められている開示書類の作成をご支援いたします。
貴社のビジネスを理解し、スケジュールの策定と決算上のトピックスの洗い出しから始めます。
決算業務はもちろん、監査法人様への対応のご支援も行います。
決算体制を強化したい貴社、決算早期化を目指したい貴社にフィットするサービスです。

決算発表前はいつも忙しい。今年こそは余裕をもって終わらせたいのだが…。

  • 期中には十分準備をしているつもりだが、いざ期末決算に入るとタスクが多すぎて困っている。
  • 会計基準の新設や改正にキャッチアップできているかどうか不安を感じている。
  • 開示担当者を採用したいのだが、採用コストに見合う人材が来るか心配である。

このような貴社のお悩みを全て解決するのが ブリッジコンサルティンググループの「開示書類作成支援」です。

ブリッジコンサルティンググループが選ばれる3つの理由

  1. 担当するのは決算開示に精通した公認会計士

    「BRIDGE」 を運営するブリッジコンサルティンググループは、設立時から数多くの決算開示のご支援を実施しており、経験豊富な公認会計士が多数在籍しております。 最新の会計基準はもちろん、開示に関連する法規制や他社事例に詳しい公認会計士(経験年数:5年以上)がご支援に参画いたします。

  2. 現場重視、自ら手を動かし決算作業そのものを円滑化

    手を動かさず、基準の解説や論点整理に終始するコンサルティング会社も多い中、私どもは一貫して手も動かすスタイルで業務を行います。同時に、業務そのものも整理整頓していきます。確かな業務負荷の低減とノウハウの集積につながります。

  3. 確実なコスト削減効果

    アウトソーシングであれば、月末月初や四半期ごとというように、必要な時・必要なだけのリソース確保が可能。 さらに、「BRIDGE」 の価格帯であれば、正社員採用よりも確かなコスト削減効果(当社実績:社保考慮済で10%~40%程度)に繋がります。

ご支援体制

ご支援体制

ご支援の進行イメージ例

  1. Pahse1 現状把握及スケジュールの策定

    • 直近の決算業務遂行状況のヒアリング
    • 担当者へのヒアリング
    • 各種資料、情報のレビュー
    • 支援スケジュール(タスク)の策定
    • 支援スケジュールのご報告及び御見積り
  2. phase2 決算業務の引継、遂行、整備

    • 定常業務のサポート、フォロー
    • 課題事項の提出
    • 新規業務フローの導入
  3. phase3 運用サポート、引継

    • 定常業務運用のサポート、フォロー、文書化
    • 課題事項の改善状況のモニタリング
    • 担当社員への引継、レクチャー等

お問い合わせ

CONTACT

代表(全国共通・フリーダイヤル)

0120-979-1250120-979-125

受付時間 10:00 ~ 18:00
(メール・資料請求は24時間受付中)