内部監査支援 内部監査支援

内部監査支援

企業成長に欠かせない「内部監査」 これまではインソース(内製)での実施が当たり前とされてきましたが、 時代の流れの速さ、ビジネスリスクの複雑化、労働力人口の低下等から アウトソーシングが主流となりつつあります。

弊社では、昨今の経営環境下で重要性が増している内部監査業務にいち早く特化し、多くの実績を積んできました。人的リソース不足やノウハウ不足を解消し、 より効果的かつ効率的な内部監査の実施をご支援させて頂いております。

内部監査をアウトソーシングする3つの理由

①経営環境の変化

昨今、時代の流れが速く、経営環境も大きく変化しております。 そんな中、健全な企業経営を実施していくためには、多々発生する経営リスクに対し臨機応変に対応していく必要があり、 インソースよりアウトソースでの実施の方が有効性が高くなっています。

②ビジネスリスクの複雑化

テクノロジーの急速な発展、グローバル化等により、企業経営がさらされるリスクが複雑化しています。 それに伴って、リスクをいち早く識別するノウハウが必要とされています。 経験豊富なタレント並びに他社事例の情報を多数保有しているアウトソーシングの有効性が高まっています。

③人材リソース不足

2030年問題と言われるように、今後も労働力人口の低下が予想されています。 より、効率的に業務をこなし、無駄のない企業経営を実施していくには、アウトソーシングの活用が必然となります。

ブリッジコンサルティンググループが選ばれる3つの理由

  1. 担当するのは知識・経験を有した公認会計士

    「BRIDGE」 を運営するブリッジコンサルティンググループ株式会社は、経験豊富な公認会計士が多数在籍しており、設立時から一貫して、内部監査支援を実施してきております。深く企業経営に入り込んだリスクの洗い出し並びにその打開策の提案、さらには実行までワンストップでサービス提供致します。

  2. 業界パイオニアの実績と課題改善力

    内部監査アウトソーシング業界のパイオニアとして業界No.1の実績を誇っています。また、経験豊富なコンサルタントがクライアント様とチーム一丸となり課題を改善していきます。

  3. 確実なコスト削減効果

    これまでに積み重ねてきたノウハウをチェックリスト化することにより、内部監査の有効性の向上と業務の効率性の両立を追及しています。さらに、業務オペレーションの効率化も徹底的に実施することにより、コストパフォーマンスを最大限高める企業努力をしています。

内部監査業務をアウトソーシングする場合の2つのスキーム

1.フルアウトソーシング形態

「社長直轄で」
業務をアウトソーシングするスキーム

独立した内部監査部門は設けずに、社長直轄の下、利害関係のない第三者にアウトソーシングするスキーム

2.コソーシング形態

「内部監査室長を自社で設けて」
業務をアウトソーシングするスキーム

独立した内部監査部門を設け、より効果的かつ効率的な監査を実施する為、業務実施を利害関係のない第三者にアウトソーシングするスキーム

お問い合わせ

CONTACT

代表(全国共通・フリーダイヤル)

0120-979-125 0120-979-125

受付時間 10:00 ~ 18:00
(メール・資料請求は24時間受付中)